100日後に死ぬワニは電通の案件だったことに対するネット上の賛否両論の声をまとめてみた

その他

3月20日にTwitter上で最終回を迎えた「100日後に死ぬワニ」、皆さんご存じですか?

この物語は、イラストレーターのきくちゆうきさんという方が毎日一話ずつ更新していました!

何気ない日曜の四コマの最後に「死まであと○○日」というなかなかインパクトのある四コマ漫画で話題を集め、ついに最終話を迎えました!

この「100日後に死ぬワニ」ですが、なんと電通が関わっているプロモーション、つまり「電通案件」なのではないかという噂が立っています。

今回はその内容を考察し、ネット上の声を集めてみました。

「100日後に死ぬワニ」は電通案件なのか?

「100日後に死ぬワニ」が電通案件と言われる理由

「100日後に死ぬワニ」が電通案件と言われる理由はいくつかありますが、その中でもネットの人々が批判している理由の一つが「ステマ感」でした。

ひとつめは最終話が公開される直前や公開された直後の商業的ニュースのリリースがPRっぽいこと。

話題になってから、書籍化までの段取りが普通よりかなり急ピッチですよね。最初から書籍化進行はされていたのかもしれません。

グッズ化も発表されており、それもグッズの種類がかなり豊富なのもなかなか疑問のひとつに入ってしまいますね。

https://twitter.com/IKIMONOofficial/status/1240956752327294982?s=20

いきものがかりは直接アーティストから声をかけたという噂がありますが

それは本当であってほしいですね。

スポンサーリンク

「100日後に死ぬワニ」イラストレーターきくちゆうきさんは電通所属か?

スポンサーリンク

そもそも、イラストレーターのきくちゆうきさんは電通に所属しているのでしょうか?

おそらくですが、社員のように所属をするというよりは「契約」として請け負う形で働いているとおもいます。

ただ100日後に死ぬワニの公式が出て、その運営会社が電通の子会社であることはネット上で大きく騒がれた原因の一つでしょう。

「100日後に死ぬワニ」の電通案件疑惑に対する周囲の声

それでは今回の騒動に対するネット上の声を集めてみました。

https://twitter.com/weak_acid/status/1240991924040826880?s=20

かなり批判の声もあがっているようです。

「100日後に死ぬワニ」の話自体はすごく良いものだという意見もかなり多いですね。

スポンサーリンク

「100日後に死ぬワニ」は電通の案件だったってホント?ネット上の声まとめ

スポンサーリンク

いかがだったでしょうか?

やはり「100日後に死ぬワニ」は電通が関わっている可能性は高いかもしれませんね。しかし、イラストや4コマ漫画を描いて公開していたのはきくちゆうきさんですし、そのプロモーション(作品をどう売り出すか)に携わるだけのような気がするので、漫画の内容には電通の息がかかっていないような気もします。

ネット上での声は賛否両論ですが、実際とてもいい内容だったので評価され続けていい作品だと感じました。