宮沢氷魚は英語ペラペラ!英語力は母や出身高校・大学の影響?

俳優・女優

ドラマ「偽装不倫」で一躍大ブームになった宮沢氷魚さんですが、なんと彼は英語がペラペラなんです!

ドラマ内でも英語力を遺憾なく発揮していた宮沢氷魚さんですが、元々英語はペラペラだったのでしょうか?

ご家族や出身校について調べていくと、かなり興味深い情報がでてきましたので書いていきたいと思います!

宮沢氷魚は英語ペラペラ!

宮沢氷魚さんのほぼネイティブな動画がこちら!

基本的に聞かれたことに英語で答えるインタビュー動画になっています。

アメリカで流行っている略語「RBB」を紹介してくれたり、文章と文章の間の「Umm…」という単語がネイティブっぽいと評判に

スポンサーリンク

宮沢氷魚の母はハーフだった!家族構成が豪華すぎる

宮沢氷魚(ひお)のプロフィール

  • 生年月日:1994年4月24日(2020年1月時点で25歳)
  • 出身地:カリフォルニア州サンフランシスコ
  • 趣味:野球観戦、釣り、旅行
  • 特技:英語
  • 家族構成:父(宮沢和史「THE BOOM」)、母(光岡ディオン)、弟、妹

お父さんがあのアーティストグループTHE BOOMの宮沢和史さんとは驚きですね。

お母さんはラジオパーソナリティやタレントとして活躍している光岡ディオンさんですが、お母さんがハーフなので宮沢氷魚さんはクォーターということになります

出身がカリフォルニア州のサンフランシスコとのことなので、お母さんはアメリカ人のハーフではないかともいわれていますがハッキリとした情報は出ていません。

宮沢氷魚の出身高校・大学は高学歴!?

宮沢氷魚さんの出身高校は現在わかっておりませんが、母の光岡ディオンさんの影響により小さいころよりインターナショナルスクールに通っていたそうです。

その後、カリフォルニア大学に入学し、編入で国際基督教大学(通称:ICU)に入学しています。

ICUは英語力が国際色豊かな大学で、とにかく英語力が高く国際的な人材を輩出していることで有名な大学です。

元々、クォーターかつ帰国子女で日本語より英語のほうが馴染んでいた宮沢氷魚さんにとってぴったりの大学ですね

大学の卒業論文は「東京都内の川の環境」というタイトルで85~100ページを全て英語で書いたそうですよ。

スポンサーリンク

宮沢氷魚はNHKの英語番組に出演していた

宮沢氷魚さんは、2016年にNHKの「おとなの基礎英語」という番組に出演していました!

日常会話も完璧ですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

本日でオーストラリアロケオールアップ! 撮影内容の情報解禁まであと少し! #lastday #photoshoot #australia #thanks #infocomingsoon

宮沢氷魚(@miyazawahio)がシェアした投稿 –

SNSでも、忙しい中でのオーストラリアでのロケは結構ハードスケジュールだったと言っています。

全て英会話での撮影なので、英語が染みついていないとかなり大変な撮影ロケだと思います

ですが、そのような様子もなさそうで、撮影スタッフの方や現地の方のと仲の良いオフショットなどもインスタグラムにあげていました。

スポンサーリンク

宮沢氷魚は英語ペラペラ!英語力は母や出身高校・大学の影響?まとめ

いかがでしたでしょうか?

宮沢氷魚さんが英語ペラペラなのは、お母さんの光岡ディオンさんが大きく影響していたんですね。

たしかに、クォーターと言われても違和感ない背の高さと髪・目の色だったので英語力が高いこともうなずけます。

今後も英語力を生かした演技や、バラエティなどでの活躍が楽しみですね!